読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「子育て」すなわち「自分育て」

子供とともに自分も育む、新米お父さんの成長記録です。

youtubeとの付き合い方

子供はテレビが好きですよね。我が家ではコアタイムとして、お母さんがお風呂に入っている30分間をテレビの時間として設定しています。

 

賛否両論あるようですが

最近のテレビのレパートリーは、アンパンマン機関車トーマスちびまる子ちゃんYouTube です。コアタイムにはiPadYouTube を見ています。自分で見たいものを画面をスクロールして選び、広告が出るとスキップしながら見ています。その時の集中力は目を見張るものがあります。

YouTube を見せて子育てすることに関して、ネット上で賛否両論あると聞きました。我が家の見解としては、少なからず子供の成長にプラスに作用していると考えています。

 

疑問を持つチカラ、質問するチカラ

長男がYouTube を見ていると、矢継ぎ早に質問をしてきます。目の前に繰り広げられる雑多な映像に対して、様々な疑問が湧いてくるようです。その質問は日にひに進化しているように思えるのです。疑問を持ち質問するチカラがどんどんと育まれているとすれば、素晴らしいと思います。

 

子育ての常識、非常識も日々変化している

 昔は子育てを一家総出や、場合によっては地域ぐるみで行っており、人手が多くありました。しかし今は核家族化が進み、昔より子育てが大変になっています。一人で家事をしなければならない場合などにはYouTube を見せるなどし、子供の注意を親から外らせることが有効だと思います。子育てもメリハリをつけて、愛情を注ぐ時には徹底的に注げば良いのではないでしょうか。それが今の時代に合った子育てなのだと信じています。