読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「子育て」すなわち「自分育て」

子供とともに自分も育む、新米お父さんの成長記録です。

お風呂の楽しみ方

お風呂タイムは、子供と「裸の付き合い」をする特別な時間。「早く済ませたい」と思う大人の事情と、「いっぱい遊びたい」と思う子供の気持ち、どう折り合いを付ければ良いものでしょうか。

 

【大人】出来る限り効率的に済ませたい

寝かせつけの時間も迫っているなか「いかに効率的に済ませるか」なんてことを重視してしまいます。例えば、我が家では食後まもなく入浴するため、歯磨きもお風呂(湯船)で一緒に済ませます。お湯で温まっている時間がもったいないですから。ここまでは概ね順調に行くのですが…

 

【子供】い〜っぱい遊びたい

遊びたいのを我慢してきて、ようやく自由になれたんです。目が輝く瞬間です。

我が家で最近流行っているのは、ガーゼタオルでクラゲを作って潰すのと、シャボン玉と、水かけっこです。それはもう、キャッキャと大騒ぎして遊んでいます。楽しそうな我が子の姿を見るのは、本当に癒されます。

 

引き際はいつ?どうやって⁉︎

むずかしいのはここですよね。可哀想ではありますが、楽しく遊んでいるのをやめさせなければいけません。 この後にもっと楽しいことが待っているのならともかく、後は寝るだけだと分かっていますから「もっと遊びたい!」となる訳です。

ここで我が家では、外で待機しているお母さんとの「お相撲さんごっこ」を子供に促しています。体を拭いたバスタオルでお相撲さんのまわしを作ってやります。「お母さんと、はっけよーい、のこったのこった!してきて」と送り出します。大抵は嬉しそうにお母さんのところにかけていきます。

いかにして子供の注意を別のことに逸らすか、むずかしいですがうまく行くと気持ちいいですね!